ワクワクメール攻略法 伝言板・サイトメールから直メールに切り替える

452

伝言板で仲良くなれた場合は、サイトメールに切り替え、その後は携帯メールアドレスの交換を狙っていきます。

サイトメールとは、ワクワクメール内でのみやり取り可能なメールのことです。サイトメールを使うと5ポイント(50円)を消費しますが、500文字まで入力ができ、相手のみに内容を伝えることができます。

伝言板はプロフィールを見に来た人全てに内容が見えますし、60文字しか入力できません。ひそひそメッセージを利用する方法もありますが、経験上メールでやり取りをした方が突っ込んだ話がしやすくなります。

3~5回やり取りをしたら直メールを聴いてみよう

サイトメールはポイントがかかるので、できるだけ早く相手の携帯メールアドレスを入手するようにしましょう。色々なサイトを見ていると3回目くらいで聞くことをお勧めしています。私の経験上、3回目くらいだとまだ警戒心がある事が多く、教えてくれる確率はやや低めです。相手の様子を見て、まだ壁があると感じたら5回目くらいで聞いてみましょう。

基本的にはサイトメールのやり取りを重ねるほど成功率が上がりますが、ポイントを大量に使ってしまうので、3~5回くらいが妥当です。ただ、かなりかわいかったり、性格がよかったりする娘で「絶対に仲良くやりたい」という場合は慎重に動き10回くらいサイトメールをしても良いかも知れません。ただ、余程のことがない限りお勧めしません。

相手のメールの文章が長め、文面のノリが良い(顔文字がたくさんなど)、割とぶっちゃけた話をしてくれる、などの場合は割とすぐにメールアドレスの交換に応じてくれます。サブアドというドコモやKDDIなどのアドレスとは異なるアドレスを教えてくる人もいますが、最近は本アドを教えてくれる人が多いように感じます。

先に写メをくれる場合はほぼ確実に会える

サイトメールのノリが良い場合は、先に写メを交換することも有効です。例えば、自分の写メをプロフィールにあらかじめ載せておき(加工しても良いです)、それをネタに「○○さんの写メも見たいな~」などと言ってみます。

応じる人はかなり少なめですが、もしも写メを送ってくれたら、ほぼ確実に好意を持たれています。そのまま、携帯メールアドレスの交換をお願いすると、確実に交換できると思います。私の場合は全て成功しています。

携帯メールアドレスが交換できたら、何回かやり取りしてから「会おう」と言えばすぐに実際に会って遊ぶことができます。

ジュンジ愛用の出会い系サイトを詳しく解説

pcmax

ハッピーメール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です