出会い系の割り切り募集で素人女性とデリヘル業者を見分ける方法

出会い系サイトにはデリヘル業者がたくさんいます。

デリヘル業者はアダルト掲示板で素人に混ざって募集をしていますが、その見抜き方を書きたいと思います。

出会い系におけるデリヘル業者はかなり多い

他の記事でも触れていますが、出会い系ではデリヘル業者が数多く紛れ込んでいます。

アダルト掲示板などで割り切りの相手を募集している女性はかなりいますが、その多くはデリヘル業者です。

「出会い系なんか使わずに普通に営業すれば良いのでは?」

と思われるかも知れませんが、以下のような事情により業者は出会い系を使っています。

許認可を得ておらず無認可で風俗営業している違法業者

これが最も多い理由です。

許認可をとれていない会社(?)はネット上にホームページなどを堂々と出せないため、出会い系を隠れ蓑にして商売を行っています。

認可を取ってホームページを整備して、となるとそれなりのコストがかかるため、費用を抑えるためにこのような方法を取っています。

ただ、無許可の場合はデリヘル嬢も集めようがないのでは?

と思われるかも知れません。

  • ナンパなどで勧誘する
  • 出会い系内で女の子にメールしまくって勧誘する
  • 知り合いのツテを頼る

などの方法で集めてきます。

ただ、正直この方法では集客力に限界があります。

実際、無認可デリヘルには嬢がほとんど在籍しておらず、レベルも低いことが多いです。

集客力で大手デリヘルに負けるため出会い系を併用

許認可を得ているデリヘルですが、大手デリヘル会社に集客力で勝てず、広告をうったりSEOで検索エンジンの上位にでることが困難な会社が、集客方法の1つとして活用していることがあります。

実際、風俗情報サイト(City Heavenなど)に掲載されているのは広告費をしっかりと出せる会社だけであり、その他大勢の小さなデリヘルは媒体に広告を出すことが出来ません。

「デリヘルは儲かる!」という口コミがひところ流行りましたが、それに乗って個人や小さな集団でデリヘルを始めた人が増えました。

書籍でも幾つか出ていますが、以下の本がとくに有名ですね。

  • デリヘルはなぜ儲かるのか(小学館文庫)

ただ、個人や小さな集団という規模だと集客がどうしてもうまくいかないため、大きく稼ぐことは難しく、出会い系などの媒体を利用せざるを得ないのです。

デリヘル業者の見抜き方

デリヘル業者が溢れかえる出会い系なので、適当に割り切り募集に乗ると1回は業者を引いてしまいます。

完全に見抜くことは難しいですが、以下に気をつけていれば9割方見抜けます。

プロフィールの内容が薄い

デリヘル業者は自分のプロフィールをマメに書くことをしません。

書くのが面倒くさい、ということもあるのですが、具体的に書くと色々な女性を派遣しずらくなるからです(後述)。

自分のことをより具体的に、分量多めに書いている場合は、素人の可能性が高いです。

プロフィールの写メが怪しい

写メが以下のような場合は業者の可能性が高いです。

  • 首より下しか写っておらず下着姿
  • 全身が写っておりかなりかわいく見えるが目元が隠れている
  • プリクラ写真でやたら加工されている

このようにする理由は、顔を分からなくすることで、どのような相手を送っても誤魔化せるようにするためです。

顔を分からなくすることで、デリヘル業者はどんな娘でも現地に送ることが可能となります。

写真の雰囲気と明らかに違う場合でも、目元が分からなければ何とでも言い訳がつくので、平気でこういったことをやってきます。

割り切りで出会ってみたら、何だか予想と全然違う人が現れた…、と言う場合はこのパターンです。

割り切りの募集地域・待ち合わせ場所

出会い系におけるデリヘル業者はあまり遠出をしたがらない傾向があり、自分が店(女性が待機している)近辺で募集をかけることが多いです。

さらに、デリヘル業者は風俗店がある地域に店を出していることがほとんどですので、待ち合わせ場所に風俗店が多い地域や駅を指定された場合は業者と疑ってもよいでしょう。

「○○駅まで来てもらえませんか?」

と言われたら、まずはその駅を検索して回りにヘルス店舗などがないかを調べて見ましょう。

HITした場合は、ほぼ間違いなくデリヘル業者です。

意外と馴染みのない駅でも近くにひっそりとデリヘル業者が開業していたりするので油断は禁物です。まずは、Google Mapなどで検索する癖をつけましょう。

なお、デリヘル業者は駅のロータリーや道路沿いにあるお店(ドンキホーテ、TUTAYA、ローソンやファミリーマート、セブンイレブン、AMPMなどのコンビニ)前を集合場所に指定したがります。

これらはアクセスが容易であるためです。大体は大きな白か黒のワゴン車で現れます。

割り切りの日程で調整が効くかどうか

これは業者かどうかを見抜く効果的な方法です。

女性と条件を詰める際に、少し先の日程を指定して向こうがOKをくれれば素人の可能性が高いです。

業者の場合は、募集をかけているのが女性がまさに出勤しているタイミングなので、別の日を指定されても調整が難しいのです。

日程はおろか、時間レベルでこちらの要望に応じてくれる場合はほぼ素人と思って良いでしょう。

メッセージのやり取りが続く相手

これはポイントがかかってしまうため、コスト的には微妙な方法です。

割り切りの約束を取り付ける際に、色々と質問(条件、女性の容姿)をして返事を続けてくれる場合は素人の可能性が高いです。

業者の場合は、とにかく誰でも良いからエッチをしてお金をさっさと稼ぎたい、と思っているので手番が増えてあれこれ問われることを嫌がります。

質問をして「パタ」と返事が途切れた場合は業者です。

なお、よく見かける文言ですが、「話が早い人」という単語を出している人は業者の可能性が高いです。

まとめ

慣れてくると、写メとプロフィールを見ただけでほぼ見抜けるようになりますので、業者を引いてしまう確率は大幅に低減可能です。

なお、素人を探すのであれば、自分で掲示板で募集した方が確実です。募集をしていなくても、男性側の募集には乗ってくる素人はかなりいるので、積極的に動いたほうが勝率は高いです。

出会うためには戦略とサイト選びが超重要!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です