アドレス回収業者のパターン:大文字は全部小文字にしてね!などで直アドを送る手口

1996_1

出会い系をやっていると必ず出会うアドレス回収業者。

その手口の1つに、伝言板やメールアドレスに直アド(携帯のメールアドレス)を書いていくパターンがあります。その具体的な例を見てみましょう。

 

アドレス回収業者とは?

アドレス回収業者とは、個人の携帯電話のアドレスを入手し、出会い系や迷惑メール送信業者に売りつける者のことです。

出会い系サイトで一般人を装っていますが、実は専用の業者であり、あの手この手でメールアドレスを回収しようとしてきます。

そうやって手に入れたメールアドレスは高値で売り買いされ(5000円などの値段がつくこともあります)るため、一種の商売として成り立っているのです。

 

アドレス回収の手口:直アドを送りつけてくる

一番典型的なパターンは無作為にサイトメール送信や伝言板書き込みを行い、その中に直アドを書いてくる方法です。

ただ、直アドはサイト運営者の規制や監視に引っかかりやすいので、以下のような手順で普通のメールアドレスには見えないようにしてきます。

特に、ハッピーメールやワクワクメールでよく見られる手段です。

  • ∟∨-∟ΙFΕ@Ι.s ОFΤВА N Κ.JΡ(小文字をわざと大文字にしてある)
  • pinkappleあっとまーくどこも(@以下のあどれすを伏せている)

これらは確実にメールアドレス回収業者です。

あとは、規制の少ないYYCなどでは、伏せずにアドレスを載せてくる場合が多いです。

ただ、アドレスのプロバイダにYahooやGmailを使っていることが多く、これらはアドレス回収用にわざと取得したものですので、間違ってもメールをしてはいけません。

 

具体的な例を挙げてみます。

ワクワクメールでこのようにいきなり伝言板に書き込みがあり…

1996_1

その後、女性のプロフィールを見ようとすると既に退会しています。

1996_2

ただ、これは本当に退会したわけではなく、相手から「無視リストに入れる」をされただけです。

無視リストに登録されると、こちらからは相手が退会したように見えます。

そして、実際は退会しておらず、次の相手を探して同じような誘導アドレスの書き込みをどんどん行っていきます。

なお、この手口ですが大分昔から行われている典型的な方法です。

それでも後が経たないということは、やはり一定の人数はひっかかってしまう有効な方法なのでしょう。

 

なお、メールアドレスではなく、どこかのサイトのURLを送りつけてくるパターンもありますが、同様に危険です。

アドレスを踏んだ瞬間、情報などが抜き取られたり、変なサイトに利用者登録されてしまうので、要注意です。

私はこのパターンは、以前使っていた定額制出会い系サイト:ラブサーチで見かけたことがあります。

 

なぜか業者がいないPCMAX

出会い系サイトではアドレス回収業者に当たるのは避けられないものですが、

私はPCMAXでは未だに業者に当たったことがありません

たまたま出会っていないだけなのか、理由は分かりませんが、どちらにせよ遊びやすいことに間違いはありません。

よって、業者に悩まされたくない人は、PCMAXを中心に使ってみると、情報漏えいのリスクが少なく安全かも知れません。

出会うためには戦略とサイト選びが超重要!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です