出会い系サイト割り切り 条件交渉で気をつけるべき5つのポイント

1531_4

出会い系で割り切りをする際に気をつけることは幾つかあります。その中でも、特に重要な5つのポイントを纏めてみました。

①値段交渉:値切り過ぎない

1531_1

一番最初に行うことは値段交渉です。

女性が提示してくる額は大体が、ホテル代別で20000円~25000円くらいだと思います。

ただ、この金額はお世辞にも安いとはいえません。実際のところ、10000円~15000円程度で済まなければ、風俗のほうが安くなってしまいます。

よって、リッチな人はともなく、懐が厳しい人は当然値引き交渉した方が良いでしょう。

2000円~5000円程度は簡単に下がることが多いので、ふっかけてみても良いです。

ふっかける際は、「高いからまけて欲しい」と露骨に言うのではなく、「持ち合わせが無い」「今月は厳しい」などと「本当は払いたいのだけども事情があって難しい」雰囲気を醸し出すと、自然な感じで値段が下がります。

ただ、女性によっては、

「じゃあ、他を探します」

と切れ気味になる人もいますので、どうしてもその人とエッチしたい場合は、

「あ、すみません。では、指定の額でお願いします」

と謝ります。

②プレイ内容:ノーマルプレイ以外は基本的に嫌がられるので注意

1531_2

女性は基本サービス(キス、前戯、フェラなど)とゴムあり挿入だけを前提としていることが多く、それ以上のお願いをすると嫌がられます。

大人のおもちゃくらいはOKしてくれますが、

例えば、

  • 生ハメ
  • 中出し
  • 青姦
  • ハメ撮り

あたりをしたいと言うとほぼNGを喰らうので、とにかくエッチをしたい場合は条件に加えないほうが良いでしょう。

なお、ひどい場合は挿入だけで「キス、フェラ」がNGの女性もいますが、さすがにそれは舐め過ぎなお願いだと思うので、そういった女性とは割り切らない方が良いでしょう。

③日程:できるだけ募集日当日に会う

出会い系で割り切りをする際に最も気をつける部分はここです。

多くの女性は、割り切りを希望するタイミングは突発的です。

「今日、午後暇だから割り切りをしよう」

と言った女性のスケジュールが丁度空いた時や、

「今日は体調が良いからヤっちゃおう」

など、体調や性欲のコンディションが良い場合に相手を募集することがほとんどであり、

「いますぐ会いたい」

という希望を上げてくることが多いです。

これに対して、

「来週の週末に会えますか?」

などと持ちかけても大体はスルーされます。

OKをくれる場合もありますが、1日も経てば、

「やっぱ、止めておこう」

という気分になり、メールをしても返ってこなくなり、自然とフェードアウトしてしまうことが多いです。

④時間帯:女性に合わせる

出会う日もさることながら、出会う時間帯も結構重要です。

女性は自分の都合が丁度空いている時間帯にしか会ってくれません。

自分が無理をして時間を作らなければならないところを指定すると、ものすごく嫌がられます。

例えば、平日夜くらいしか暇が無い人に、

「休日の昼間に会えません?」

などと打診してみたことがありますが、ものすごく嫌悪感を示され暴言を吐かれたことがあります。

⑤プレイ用具:使うものは全てこちらが用意する

1531_3

プレイで衣服や大人のおもちゃなどを利用する場合、女性側は男性が用意して当然と思っています。

例えば、制服を着てコスプレをしてプレイをしよう、となった時に、相手に私物(高校で着ていたものなど)の持参を要求すると、かなり嫌がられます。

コスプレイヤーさんなどと着衣プレイをする場合も同様で、レイヤーさんが普段使っているものを持ってきて欲しい、と言うと、

「汚れるから嫌じゃ、ボケ」

と切られることが多いです。

バイブやピンクローターなどの大人のおもちゃを利用する場合も同様で、こちらで準備して持参しましょう。

女性は機嫌をすぐに損ねるおだてるくらいの対応を

出会い系の女性は短気な人が多く、割り切り交渉をしている際に少しでも気に入らないことがあれば機嫌を損ねます。

常に紳士に接し、相手のご機嫌を取りながら、うまく交渉を進めるようにしましょう。

出会うためには戦略とサイト選びが超重要!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です