サイトメールの内容・頻度から携帯メールやLINEへと移行タイミングを測る

1510

出会い系サイトを利用し女性と仲良くなると、サイトメールを利用してメッセージのやり取りをすることになります。サイトメールはお金がかかるので、タイミングを見て携帯メールやLINEへと移行していきますが、このタイミングを測る指標として「女性からくるメールの頻度や内容」があります。

 

相手が好意をもっている場合

女性があなたに行為をもっているかどうかは、以下の2要素で大体分かります。

  • メールの内容
  • 返信頻度・間隔

 

メールの内容

メールの内容については、長文でしっかりと書かれていれば、基本的に好意を持たれていると考えて良いです。

また、あなたがメールに書いた事柄にきちんと触れていたり、特徴を褒めたりする場合はより良いです。

ただ、手の込んだキャッシュバッカーやサクラはこれくらいは普通にやってきますので注意は必要です。

「週末はどうしているか?」「休みはいつか?」、などこちらの都合を聞いてくる場合はかなり良い感じで、「会えるか?」と聞いてきた場合はほぼ脈ありなので、この時点で携帯メールやLINEのID交換を打診すればほぼ大丈夫です。

また、自分の私生活のことを積極的に話してくれる場合は、信頼されていると思って良いです。

逆に、短文メールで内容がスカスカの場合はあまり期待できません。

 

返信頻度・間隔

定期的に返ってくるようであれば脈があります。

女性は基本的に色々な男性とメールのやり取りをしており返信が大変です。

女性としても、当然興味を持っている相手とは優先的にメールをしたいので、メールの返事がこまめになります。

優先度が低いと1週間後くらいに返信がきたりすることは普通にあります。

メールをして1日くらいで返事がくるならOK。数時間のうちにしっかりとした内容の文章が返ってくるようならかなり脈ありと思ってよいでしょう。

 

期待度が高い場合は3回目・低い場合は5回目で交換を打診

メールの内容と返信頻度・間隔を見て、脈がありそうな場合は、大体3回目のやり取りで携帯メールやLINE IDを聞いてみましょう。

大体これで交換できることが多いです。

話がかみ合わなかったり事務的な場合、返信がなかなか返ってこない人の場合は、5回目くらいで聞いてみると良いでしょう。

期待度の低い女性は、この時点で返事をしてこなくなるケースもありますが、その場合はスッパリと諦めましょう。

 

ただ、女性の中には連絡先好感を嫌がる人はたくさんいるので、仮に断られたとしてもガッカリする必要はありません。

連絡先を好感して無くても会えるパターンはたくさんありますので、

ジュンジ愛用の出会い系サイトを詳しく解説

pcmax

ハッピーメール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です