ワクワクメール攻略法 出会い系で何をしたら良いか分からない人の割合は60%

1407_2

出会い系に登録する人の数は、色々と宣伝されているせいもあって、男女共に年々増加傾向にあります。結婚相手を探して登録する人も増えており、その役割はますます重要になるのですが、データを見ると実に登録者の60%は何をしたら良いか分からずに困っていることが分かりました。

 

晩婚時代に重要度を増す出会い系の役割

近年、結婚する男女の数は年々低下しています。

その理由を聞くと、仕事や趣味を頑張りたい、など意図して結婚しない人も多い一方、出会いがない、出会い方が分からない、という人も増えています。

すっかり廃れてしまいましたが、一昔前だと、男女を結びつける役割として「お見合い」がありました。

おせっかいやきのおばさんが間を取り持ち、結婚までエスコートするというものですね。

何だか面倒くさそうな慣習に見えますが、実情を聞くと、このおかげで結婚に至っていた人はたくさんおり、いかにその存在が重要だったかが分かります。

 

そういった中、出会い系が男女の仲を取り持つ役割を担いつつあります。

出会い系サイトを使ってみて分かりましたが、真剣に相手を探している人は意外と多いです。

特に、女性で本気の人はかなり多いです。街で良く宣伝されているハッピーメールワクワクメールでは、遊びや割り切り希望の女性がやはり多いのですが、結婚相手を探して登録している女性もかなりいます。

 

使い方が分からない人が6割もします

登録者は増える一方で、出会い系に登録したは良いが「何をしたら良いか分からなくて困っている」人も増えています。

データによるとその割合は60%にも上るそうです

特に、男性はポイント消費と言う問題があるため、適当にプロフィールなどを見てポイントを使いきってしまい、何も出来なくなった。というケースがよく見られますね。

 

そんな方にお勧めなのは、以下の2つです。

  • 掲示板に書き込みをする
  • 伝言板に書き込みをする(ワクワクメール限定)

 

掲示板は各サイト共通の機能ですが、自分がどんな相手を探しているか掲示板に書き込み、それを見て興味を持った女性からメールを貰い、以後やり取りをする方法です。

掲示板の書き込みは、1日1回はタダのケースがほとんどで、特にワクワクメールとハッピーメールは掲示板の種類ごとにそれぞれ1日1回書き込むことができるため、PRをする機会はかなりあります。

 

伝言板はワクワクメール限定の機能ですが、各女性のプロフィール画面に設置された伝言板に60字まで自由にメッセージを書き込めます。

それを見て興味を持った女性は、逆にあなたのプロフィール画面にある伝言板に書き込みをしてくれます。

1407_1

注意点として、書き込んだ内容は他の人にも見えてしまいます。プライベートなことを書くと問題が出ますので、気をつけましょう。

なお、後悔設定を「ひそひそメッセージ」にすると、相手の女性のみに見えるようにできますが、2ポイントを消費します。

また、書き込み内容ですが、挨拶だけなど適当な内容を書いても無視されることが多いです。

書き込む文章に対して、

  1. 相手の名前を入れる
  2. 相手のプロフィールに言及する
  3. 誠実な文章になるよう心がける

など、相手に気持ちが伝わるような配慮をするよう心がけましょう。

サイトに慣れるまでは基本的に掲示板と伝言板を利用し、ポイントがかからないようにすることがコツです。

数ヶ月など、ある程度慣れてきたら、いきなり女性にメールを送ってみるなど使い方に幅を持たせてもよいでしょう。

関連記事:ワクワクメール攻略体験口コミ 純愛&割り切り両方OKのバランス型

出会うためには戦略とサイト選びが超重要!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です