援助交際女子高校生・中学生とエッチする5つの方法 今時JK・JCのツイッター・出会い系サイト売春事情

sefure

今回は一頃話題になった、女子中学生や女子高校生とのエッチ事情です。

今回は私ジュンジが実際に調査して接触したJK・JCから一般的な情報を纏めてレポートしただけで、私自身が実際にエッチしたわけではありません。

そこんとこは予め御理解下さい^^;

 

援交女子高生(JK・JC)と出会える5つの方法

援交女子高生(JK・JC)との出会い方ですが、私ジュンジが知る限りでは以下の方法があります。

  1. ツイッター
  2. LINE掲示板
  3. ストリートナンパ
  4. マイナーな出会い系サイト(年齢制限なし)
  5. 大手の出会い系サイト(年齢制限あり)

 

1.ツイッター

ツイッターは援交女子高生(JK・JC)が最も簡単に見つかる方法です。

ツイッターにはガチの女子中学生、女子高生が援助交際目的で登録しており、実際に男性とやり取りをして援助交際をしています。

ツイッターで援助交際する方法

ツイッターで出会う手順

  1. 自分のツイッターアカウントを作る
  2. 適当にプロフィールを作成する
  3. 次のようなハッシュタグをつけて、#援募、#援交、#援、#円、などの援助交際ワードを検索する。jkenjyo-2
  4. 出てきた援交女子高生(JK・JC)をフォローする
  5. ダイレクトメッセージを送り交渉する

なお、ツイッター上で女性が援助交際の募集内容を露骨に書くと、アカウントが凍結されます。

これはツイッターの運営側がアカウントの状態をチェックしており、売春を匂わす内容をプロフィールやツイートに書いているアカウントを規制するためです。

この対策として、女性側も色々と工夫をしています。

よくあるのが、以下のような画像に文字を書き掲載するパターンです。

jkenjyo-1

ツイッターの運営側は目視で確認しているのではなく、呟いた内容やプロフィールを見ています。そこで、画像化しておくことでアカウントを凍結されずに行動することができるのです。

 

ただ、ここまで工夫してツイッター社を欺いても、思わぬところから指導が入ってしまうことがあります。

例えば、京都府警などをはじめとする、インターネットに強い警察もネットの書き込みには目を光らせているので(実際は誰かが通報して、それから調べているかも知れませんが)、運悪く警察に見つかると、女性が補導されるパターンもあります。

16歳の少女2人が自らのことを「キキ」と「ララ」と名乗り、ツイッターで売春の相手を募集したとして、このうちアルバイトの16歳の少女が売春防止法違反の疑いで逮捕された。

警察によると、少女は今年2月、同級生の16歳の少女とともに、ツイッターに「2人で7万円、本番もあります。高額優先で」などと投稿し、売春の相手を募集した疑いが持たれている。

2人は自らのことを「キキ」と「ララ」と名乗り、去年末から今年2月にかけて7人ほどの男を相手に売春をしていたという。

少女は調べに対し、「遊ぶ金欲しさにやった」と容疑を認めているという。

警察は今後、もう1人の少女を検挙するとともに、2人と関係をもった男らについても児童買春の疑いで捜査する方針。

参考サイト

日テレNEWS24 キキ・ララ名乗り…少女2人が売春相手募集

http://www.ntv.co.jp/pda/news/277559.html

これだけ見るとかなり危険に見えますが、実際の補導されてしまうケースは稀なので、割と多くの女学生がツイッターで売春をやっています。

なお、傾向としては援交女子高生(JK・JC)が多いのは関西ですね。関東は意外と少なく、20代の大学生やOLが援助交際を希望している場合が目立ちます。

 

ツイッターはライバルが多く難易度が趙髙い

ツイッターは、最も援助交際女子を探しやすい反面、実施に出会うことは相当難しいです。

女子中学生や女子高生のアカウントは1,000人以上の人がフォローしていることも多く、かなりのライバルがダイレクトメッセージを送ってアピールしています。

女性はメッセージを読むことすらまともにできない状態なので、返事が返ってくること自体が少ないです。

よって、本当に援助交際をしたいならツイッターはおすすめできません。

 

2.LINE掲示板

jkenjyo-3

インターネットで「LINE 掲示板」と検索すると、たくさん出てくる掲示板です。

ここに、募集する相手の情報を書き、自分のLINE IDを投稿すると、興味を持った人がLINEに追加して連絡をしてくれます。

LINE掲示板は神待ち少女が多く利用しているため、タイミングが良ければ援交女子高生(JK・JC)がコンタクトを取ってきます。

LINE IDを不特定に晒すと悪用されるリスクは高まる

LINE IDを公開すると不特定多数の人に見られてしまいます。

その中には当然悪い輩もおり、悪徳会社にIDを売られてしまったりします。

せいぜい迷惑メッセージが来る程度の被害ですが、面倒ではあるのでできるだけ書きこまない方が良いでしょう。

 

3.ストリートナンパ

援助交際

東京の渋谷や大阪の難波といった若者が集まる繁華街でナンパする方法です。

渋谷は女子中学生、女子高生がうろついているので、声をかけるのは容易です。

ナンパできる相手の見定めが困難

一昔前は、制服を着た女子中学生や女子高生が「いかにも」と言った感じで待っていたので選定が容易でした。

しかし、最近ではどの娘が援助交際ができる相手か見定めることが難しく、警察の目も光っているので、かなりのリスクを伴います。

 

4.マイナーな出会い系サイト(年齢制限なし)

出会い系サイトは以前は援助交際のメッカのような存在でした。

しかし、最近ではインターネット上で露骨に援助交際ができる場所は減っており、今では大手出会い系サイトの中で細々と行われているような状態です。

これらの大手出会い系サイトは、登録の際に年齢認証が必要であり、女子高生や中学生は普通には登録することができません。

ところが、出会い系サイトの中には年齢認証が不要なものがあり、その中で援助交際をしている援交女子高生(JK・JC)がいます。

 

例えば、「ぎゃるる」は年齢認証がないため、15~16歳くらいの女性が援助交際をしていることが多いです。

eno-gyaruru

プロフィールの表記上は18歳以上にしかできないのでそのようになっていますが、「実際は16歳」という女性がいます。

援助交際自体をしている女性が少ない

年齢認証がない出会い系はマイナーなものが多く、そもそも利用している女子自体が少ないです。

もう少しメジャーになってくれば多くの援交女子高生(JK・JC)が登録してくるかも知れませんので、その時がねらい目です。

 

5.大手の出会い系サイト(年齢制限あり)

大手の出会い系サイトとはこのブログでもよく紹介している、pcmaxなどのサイトです。

大手の出会い系サイトは、免許種や保険証などのコピーを運営側に提出し、年齢認証を済ませないとメッセージのやり取りができません。

また、LJK(高校3年生)を含む18歳未満は登録ができませんので、そもそも利用ができない。

…と思っていたのですが、実は女子中学生や高校生であっても登録ができてしまうようです。

具体的には以下の記事でアキラさんという方が書かれていたのですが、親や姉妹の身分証明賞を使って登録してしまうケースがかなりあります。

具体的には、姉妹や親の保険証の生年月日部分のみを写メで撮影し(名前などの場所は消せばOK)送ってしまえば簡単に承認されますので、この方法で出会い系サイトを利用している女子高生(JK)がかなりいます。

参考:女子高生(JK)と出会い系サイトでエッチする方法 援交なしで高校生・中学生と普通に出会える

 

知られていない分 出会える確率は最も高い

アキラさんが実際に会われたのはハッピーメールだったそうです。

ツイッターが目立ちすぎている反面、大手の出会い系サイトで女子高生や女子中学生と会える事実を知っている男性はかなり少ないです。

そのため、先に紹介した4つのパターンと比べると最も出会える確率が高いです。

特に、夏休みなどの長期休暇などは援交相手を募集する学生が増えるので狙い目です。

ハッピーメール [成果手動承認]③特

私ジュンジも実際に使って調べてみましたが、確かに結構な確率で女子高生に出くわしました。

 

まとめ

今回は援助交際をする5つの方法について纏めてみました。

私ジュンジが知らないだけで、これ以外にも色々と方法はあると思いますので、新たな方法が分かったらドンドン追記していこうと思います。

…最後に、書いておいてなんですけども、18歳未満の女性とのエッチは法律で禁止されていますのでご注意ください^^;

まあ、LJK(ラストジェーケー:高校3年生)で18歳になっていればOKなので、出会い系サイトでゲットしやりまくる。というのは合法です。

出会うためには戦略とサイト選びが超重要!