台湾高級キャバクラクラブプレステージで黒髪美女とセックスしてきました

どうも、世界のエロを探求し続ける男、ジュンジです!

今回は台湾出張の際に遊びに行った風俗のレポートです。

台湾風俗の概要まとめは以下の記事で書いていますが、今回はその中の台湾キャバクラ「プレステージ」という有名なお店のレポートです。

台湾風俗の全パターン紹介!夜遊びをホテヘルから素人美少女高級デリヘルまで完全網羅

2016.06.26

 

プレステージとは?

プレステージとは、台北にある高級キャバクラです。

このブログ以外でも色々なサイトで紹介されているので、台湾に遊びに来る人は大体は知っているお店です。

プレステージの情報

店舗名:プレステージ(日本人向けクラブ)

場所:林森北路

営業時間:20:00~1:00

電話番号:(02)2525-5003

費用:

1.ショートパターン:飲み放題(2h)+連れ出し料=NT$ 3630、ショート(2h程度)=NT$ 7000、合計=NT$ 10630

2.お泊りパターン:飲み放題(2h)+連れ出し料=NT$ 3630、ロング(翌朝まで)=NT$ 9000、合計=NT$ 12630

今回は実際に遊びに行ってきましたので、レポートしようと思います。

 

プレステージの遊び方

プレステージはお店に行くとまずは2時間の飲み放題コースが始まります。

お店の接客の流れ

  1. 最初の女の子がつく
  2. お酒を飲みながら会話をする
  3. 30分程度で女の子が交代する
  4. その女の子を持ち帰るかママから確認される
  5. 次の女の子がつく
  6. お酒を飲みながら会話をする
  7. 30分程度で女の子が交代する
  8. その女の子を持ち帰るかママから確認される

上記4、8で女の子を持ち帰ることにすると、お店を出るときにその女の子が着いてきてくれ、ホテルでエッチをすることができます。

なお、女の子を持ち帰るか聞かれた際に予約をしておかないと、他のお客にその子が付いた際に指名されてしまうと、持ち帰ることができなくなります。

つまり、女の子に付いてもらい気に入った場合はすぐにママに持ち帰りたいと伝えておく必要があります。

勿論、気に入った女の子が現れるまで持ち帰らないことも可能ですが、時間が経つに連れて人気のある女の子は他の客に予約されてしまうので、できるだけ早い段階で指名した方が良いです。

 

プレステージへの行き方

プレステージ2

プレステージは電車の「中山駅」から降りて、林森公園の前まで移動します。

 

すると、マクドナルドがありますので、南へ進みます。

プレステージ3

暫く進み、こちらの角を左に曲がり、そのまま進むとプレステージの看板があります。

プレステージ4 プレステージ5

プレステージは地下1Fになっています。表に「会員制」という札が出ていますが、特に会員でなくても入れます。

プレステージ6

お店に着くと、お店のママが話しかけてきます。日本語が上手ですので、中国語や英語が喋れなくても大丈夫です。

「いらっしゃい。予約されてますか?」

「いえ、してないんですけど」

「今日はお客さんいっぱいなんですよ~」

「あれ、そうなんですか?」

どうやら、金曜日・土曜日は予約しないとほぼ入れないようです。

ネットで宣伝されまくっているおかげで、お客さんが殺到しているようです。

 

「今日はもう無理ですかね~?」

「そうですね~、11時半くらいで予約されているお客様が帰られますけど、その時に女の子がまだ残っているかが分かりません」

 

どうやら遅い時間になると帰ってしまう女の子も多く、また女の子の予約が入ったりロングコースで持ち帰られてしまうとその

1回飲んでから戻ってきても良いかな?、と思いましたが、面倒くさくなったので翌日に予約をしてその日は退散しました。

一応、ママに名刺をもらっておきました。みなさんも予約したいときは連絡してみましょう。

プレステージ7 プレステージ1

 

電話番号:(02)2525-5003

メールアドレス:peechou88@yahoo.com.tw

 

 

翌日再びプレステージに行ってみました

満席だったので翌日の予約をし、翌日の8:00に再び行ってきました。

今度は席が予約されていたので、無事に中に入ることができました。

内装はまあ普通ですね。東京の高級クラブなどを想像するとちょっと拍子抜けになると思います。

 

最初に席に座ると最初の女の子が付いてくれました。

飲み物は酔い過ぎないように軽めのものを選び女の子と喋っていきました。

女の子の中には日本が喋れる子も多いので、日本語しかできない人でも十分楽しめます。

中には中国語と英語しか分からない女の子もいますので、英語か中国語が喋れた方が、選べる女の子の幅は広がります。

ただ、台湾デリヘルの話でも触れていますが、LINEの翻訳アプリなどを持っていれば何とか会話はできますので、言葉が通じないけどどうしても持ち帰りたい女の子がいた場合は挑戦してみても良いでしょうか。

台湾で素人美少女と最高のセックス!141と台北高級デリヘルの使い方

2016.06.27

 

一人目の女の子で持ち帰り決定!

最初に付いてくれた女の子は日本語・中国語・英語が話せるトリリンガルでした。

恐らく、私が日本語しか話せなさそうなので、ママが気を使って付けてくれたのだと思います。

黒髪で細身、バストは推定Cカップ。ルックスはまあまあで年齢は23歳くらいでしょうか?

やはり高級デリヘルと比べると少し年齢が高くなるかなぁ…、という印象です。東京の超高級クラブのようなレベルの女性を期待するとちょっと肩透かしを喰らうかも知れません。

 

ただ、台湾の女の子は気立てが良くて優しく!!!

こちらを持ち上げてくれるような話の振り方ですし、台湾人はやはり元々の性格が優しいんでしょうね。

お話をしていてとてもよい気分になってきます。

十分満足したので、今回はこの女の子を持ち帰ることにしました。

 

30分ほどして女の子が席を立ってすぐに、ママが持ち帰るかどうかを確認してきましたので、持ち帰る旨を告げます。

ここで、まだ時間が残っているので他の女の子に付いてもらっても良かったのですが、すぐにエッチがしたかったのでここで清算することにしました。

ショートコース(2時間程度でエッチは1回だけ)にし、支払った金額は先述の通り、

ショートパターン:飲み放題(2h)+連れ出し料=NT$ 3630、ショート(2h程度)=NT$ 7000、合計=NT$ 10630

になりました。

 

お店を一緒に出たところを警察に抑えられるとまずいので(この地区は売春がNG)、一旦私一人でお店を出て途中のコンビニ前で合流しました。

外も暑かったので早めに涼みたかったので、近くにあるホテルに2人で向かいます。

 

先ほど色々と話をしてすっかり打ち解けているので、ホテルに入ってからもワイワイと談笑をしました。

そして、盛り上がりがピークに達したところで、シャワーを浴びに行きます。

お酒を飲んでいることもあるので、歯磨きをしてからのシャワーになりました。この際も終始丁寧な洗い方でますます好感が持てました。

 

そして、いよいよベッドに移動しプレイ開始!!!

最初は向こうが攻めてくれますが、丁寧なディープキスからの胸リップ

そして、息子に手が伸びると濃厚なフェラへと移ります。

台湾の女性はしっかりと優しく攻めてくれる女性が多いですね。

(でも、ポン引きとかだとサービスレベルは落ちるかも知れません)

 

そして、いよいよということで女の子がゴムを出してくれたので、それを息子につけていざ挿入!!!

中はまあまあきつく、感度もかなり良かったので滑りは抜群でした。

そして、そのままじっくりと体を味わいバックの体位も試しながら最後は正常位で発射しました。

 

…ああ、気持ちよかった…

 

まとめ

今回はクラブ「プレステージ」に突撃してきました。

噂通りの大人気店で、予約していないと遊べないくらいでしたが、予約するだけの価値があるお店でした。

続いては、同じく人気店「G線上」のレポートも書きたいと思いますので、楽しみにお待ち下さい^^

ジュンジ愛用の出会い系サイトを詳しく解説

pcmax

ハッピーメール