むきたまご日本橋本店 行き方・遊び方&黒髪大学生とのプレイ体験談をご紹介

どうも、ジュンジです!

今回は出会い系ではなく風俗のレポートです。

実は知り合いにものすごい風俗狂いの人がいます。その人とは出会い系サイトの問い合わせフォームからメッセージを貰って親しくなりました。その人も出会い系をやっていて色々と情報交換をしたかった、という経緯ですね。

ただ、その人は私とは逆で出会い系はちょっとした趣味程度で、むしろ風俗に膨大なお金をつぎ込んでいました。

そして、悪友は人を悪の道に誘いたがる。ということで私に風俗のすばらしさをあれやこれやと吹き込んできて、今では私も風俗にたまに通うようになってしまったわけです^^;

むきたまご日本橋本店について

今回ご紹介するのは、大阪の風俗最大手「むきたまご」グループの日本橋にある本店のレポートです。

むきたまご日本橋本店

住所: 〒542-0073 大阪府大阪市中央区日本橋中央区日本橋1丁目5−16 日本橋 阪奈 ビル 301

電話 : 06-6772-4999

営業時間: 本日営業 · 24 時間営業

予約:1週間前から可能

料金 = (コース料金+ホテル代+予約料金/本指名料金+特別料金)×1.08

入り口はインターホン式になっていて、昔は301で呼び出して中から開けてもらわなければ入れなかったのですが、最近はもう開けっ放しになっています。

受付フロアは3Fにあり、エレベーターを降りて左に折れるとすぐにカウンターがあります。

予約している場合はこちらでその旨を、予約していない場合はフリーであることを告げます。今回は予約したのでその時のやり取りを踏まえて予約の流れをご説明します。

予約する場合の流れ

電話すると以下のような流れになります。

店員「はい、むきたまご日本橋店です(店名を言わずに「はい」とだけ言うパターンもあり)」

私「予約のお願いをしたいんですけども」

店員「はい、いつのご予約でしょうか」

私「明日なんですが」

店員「女の子はどの娘でしょうか?」

私「□□さんでお願いします」

店員「□□さんとお遊びされたことはございますか?」

私「いえ、今回はじめてです」

店員「何時ごろがよろしいでしょうか?」

私「△時頃でお願いしたいのですが」

店員「コースは何分がよろしいでしょうか?」

私「×分でお願いします」

店員「お客様の会員番号をお願いいたします」

私「○○○○○○です」

※会員で無い場合は、その旨伝えればOKです。

店員「それでは料金の方ですが、XXXXX円になります。」

店員「お客様のお名前とお電話番号をお願い致します」

私「●●といいます(これは偽名でOK)。電話番号はxxx-xxxx-xxxxです」

店員「それでは、△時より×分コースでご予約をお取りさせて頂きます。」

私「よろしくお願い致します。それでは、失礼いたします」

店員「はい、失礼いたします」

電話した時に、予約がいっぱい、もしくは指定した時間の予約が埋まっている場合は、

店員「申し訳ありません。既にご予約いっぱいとなっております。/その時間帯は埋まっておりまして、最短で○○時になります」

という風に返事をされます。

なお、むきたまご日本橋店は前日までに予約の電話をすればほとんどの嬢と遊べます(2016年現在)。人気が高すぎる女性はいません。

そして、指定された時間に受付へ行き、予約している旨と予約した女性の名前を告げ、会員証を提示します(ない人はこの時に作ってもらえます)。

後は、先に聞いている料金を支払えば受付が完了します。

お店に訪問する場合の流れ

mukitamago-nihonbashi-7

この場合は受付で予約をしていない旨を告げると、テーブルの上に待ち時間が少ない順番に嬢のパネルが並べられます。

後は、その中から自分が気になる嬢を選び、遊ぶ場合は料金を支払います。

むきたまごの料金

料金については、以下のようになっています。

むきたまごの料金 = (コース料金+ホテル代+予約料金/本指名料金+特別料金)×1.08

今回私は、60分で星が3つの女性を電話予約したので、

(13,000+2,000円+2,000円+3,000円)×1.08=21,600円

2016年の時点では税率が8%なので全体に1.08をかけていますが、増税されればさらに上がると思われます。

場所について

むきたまご日本橋店は日本橋駅の6番出口を出て、堺筋を北へ少し行ったところにあります。

セブンイレブンの横の通りを入ると…

mukitamago-nihonbasi-1

すぐに入り口が現れます。

mukitamago-nihonbasi-2

最近はドア以外にも隣の非常階段も使えるようになったんですね。昔は非常階段は内側からロックされていました。

エレベーターで3Fに上がると手前に椅子が2つ置かれたフロアに出ます。これのすぐ左が受付になっています。

mukitamago-nihonbasi-3

私が行ったときはどなたかが接客中でした。この場合、先の椅子に座って待つことになります。

mukitamago-nihonbasi-4

受付が空くと、呼ばれて手続きが始まります。支払いまで済むと、5Fの待合室に移動するように言われますので、再度エレベーターを使って5Fまで上がります。

こちらが待合室。かなり整っていますが、数年前はものすごく汚かったです。運営者が顧客志向になったのか知りませんが、最近は清掃も行き届いていますし、接客もかなり丁寧です。

mukitamago-nihonbasi-7

ここで待っていると、店員さんが入ってきて会員番号を呼ばれます。ここで、会員証を見せると再度3Fまで案内されます。

3Fまでは非常階段を使って降りることが多いです。

なお、最近はNSやNN(中出し)できる嬢が少なく、まいかさんくらいになってしまいました。

大学生嬢と濃厚プレイ!

3Fからエレベーターに入ると中で嬢が待っており、挨拶をして一緒にホテルへと向かいます。

今回予約したのは、20歳の小柄な嬢。

パっとみるとあまり風俗嬢に見えない黒髪の可愛らしい女の子でした。むきたまごはややギャルっぽい嬢が多いので、このタイプはとても珍しいです。

話を聞いてみるとどうやら大学生のようでした。

大学生がアルバイトで風俗で働いていることはよくあるので、別に珍しくはありませんが、こんな素朴な感じの娘が働いているのは珍しいのでちょっと驚きました。

mukitamago-nihonbasi-8

ホテルは大体はこのリスボンになりますが、稀に他のホテルになることがあります。ホテルと言ってもビジネスホテルのような質素な作りです。なお、ここはむきたまごが経営しています。

mukitamago-nihonbasi-9

部屋に入りしばらく談笑。およそ風俗にいるタイプの娘ではなかったので、なんで風俗を始めたのか聞いてみると

「こういうことに興味があったから」

というすごい理由でした。別にお金に困っていたわけでもないらしく、完全に興味本位だけで働き始めたとか。いやぁ、最近の若い娘はすごいですねぇ…。昔は借金取りに「ソープに沈めるぞ」と脅させる例になるくらい、忌み嫌われたものだったのに、いまや女性自ら軽い理由で働くんですね。でも、税金払っている人は少なそうですよね、マイナンバー制度がきたらどうするつもりなんでしょうか。

 

部屋に入ると嬢がお店に電話し、タイマーをセットします。タイマーは最後のシャワーと着替えの時間を考慮して大体15分前に設定することが多いです。稀に時間を誤魔化す嬢がいますが、最近は減ってきた気がします。

狭い部屋のベッドに座りながら、しばらく会話を楽しみます。とても愛嬌があり優しい女の子で、すぐに打ち解けました。

場も暖まったところで、シャワーを浴びプレイに入ります。かなり感じやすい嬢で、乳首を軽く舐めただけで体を震わせながら感じ出します。

胸を時間をかけてしっかり攻めた後、続いて下を優しく攻めていきます。まだ、クリは剥けておらず、幼さを感じさせますが、こちらの感度もかなり良く、じっくりと舐めていくと全身を震わせて感じ出します。

その後、指を1本膣にゆっくりと進めていきますが…

せ、狭い! こんなにきついマンコは超久しぶりだ…

小柄だから、というのもありますが、このきつさは実際かなりの名器でしょう。あわよくば、生チンポをぶち込んで基盤(本番)をしたいところですが、あまりに普通の娘だったので今回はオイタはしませんでした(笑)

結局、クンニと手マンで合計3回くらいイったようでした。ただ、若いということもあってかまだまだ元気な様子

ということで攻守を交代し、フェラで抜いてもらい無事フィニッシュとなりました。

感想

今回のむきたまご日本橋は実は久しぶりに遊びに行きました。

昔は店員もホスト風な人や態度が悪い人が多かったのですが、客から「調子の乗っている」とクレームがたくさん入ったためか、最近は店員さんも好印象な人が多く、電話対応もかなり良くなりました。

お店の内装もかなり綺麗になりましたし、サービス面でかなり力を入れていることが分かりました。昔はサービスの良さといえばパッション系列が最高峰だったのですが、最近はどこともよくなってますね。

ダークなイメージの風俗業界もどんどん顧客志向になっており、個人的には嬉しい限りです。

出会うためには戦略とサイト選びが超重要!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です